<   2009年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

リーズナブルな京都ごはん。

京都御苑の東側、丸太町通を上ったところ。
落ち着いた住宅が並ぶ一角、蔵を持つ屋敷を利用した創作料理のお店 『厚凛』
c0196340_18442892.jpg
暖簾をくぐると前栽があり、灯篭が向かえてくれる。
玄関の引戸を開けると、大きな沓脱石が目に付く。
c0196340_1847941.jpg
座敷に通され、右手には中庭が見える。
穏やかな落ち着いた空気が流れてます。
住まれていた状態からあまり変えずに作られているからでしょうか。

座敷は堀座卓になっているので、正座などになれない足にはありがたい。
そして、うれしいのがお値段。
お昼は、厚凛ランチ1200円、御所ランチ2200円、お昼のコース3800円。
c0196340_18484340.jpg
“厚凛ランチ”をいただきました。
c0196340_18493454.jpg
それぞれの素材が生かされていて、お造りもおいしい。
c0196340_18504137.jpg
おもしろいのが、海老の天ぷら。
c0196340_18511299.jpg
かかっているあんは、甘酢ではなく梅酢?あん。
c0196340_18512497.jpg
とてもさっぱり、イケます。
c0196340_18513525.jpg
いずれも、少し控えめな量。早く食べ終わってしまう。
せっかくのこの空間、もうちょっと味わうには“御所ランチ”がおすすめかもしれません。
c0196340_1852210.jpg
あっ、それと、トイレもいいです。
地這い窓から坪庭が眺められる。
大人のトイレ。

あっ、それともうひとつ、デザートもあればいいな。
ぜいたくなこと言ってますが。
値段もうちょっと上がってもいいので、『厚凛』 さん、よろしくお願いしま~す。

この後 [くいしんぼ] は、早めの夕食に、『コロナ』 へ行きましたとさ。
[PR]
by ichigansan | 2009-03-31 18:58 | おいしいもの

B級グルメの道はけわしい。

“越前・加賀”の旅での、福井の食事いろいろ。

1日目 夕食 “おでん”
駅からほど近いお店。
金沢の『黒百合』で車麩を食べてから虜になってしまい、思わず注文してしまいましたが、
ぜんっぜん違う。まったく違う。車麩じゃないー。
他に、だいこん・じゃがいも・こんにゃく・たまご・厚揚げ・牛すじ食べましたが、イマイチ。
c0196340_1972335.jpg
2日目 朝食 “パン”
前日、駅にあるスーパーで地元のパンを買う。(近くにヴィド・フランスもあったけど、大阪にもあるので)
ごまパンとコロッケパン。どちらも米粉を使っていてモチッとしてる。フツー。
写真イマイチですんません。
c0196340_198046.jpg
2日目 夕食 “お寿司”
お目当てのお店は閉めてしまっていて、疲れと空腹で目に付いた回転寿司へ。
ネタは悪くはないけど、高い。アラ汁はまだマシだったかな。それとごぼうの細巻と。
11種類食べた。フツーかな。

c0196340_1983597.jpgc0196340_1985955.jpg
3日目 朝食 “パン”
チェックしていった『三国』のパン屋さん“パリ屋”で、前日買ったもの。
移転しててあせったけど、すぐ近くに一戸建ての1階にお店を構えていた。
儲かってるのかな。けっこう期待。
ちょっと違ったかも。やきそばパンがあるとは。誰かがそれを選ぶから買ったけど。
ごまとチョコの長いパンはおいしかったが、もうちょっとがんばってほしいな。イケてるフツー。
c0196340_1994510.jpg
c0196340_1910293.jpg
c0196340_19101629.jpgc0196340_19102870.jpg
c0196340_19105033.jpg
3日目 昼食 “そば”
時間なく、駅の立ち食いそばのかけそば。
麺はあきらめてたけど、ダシがまったくおいしくない。アカン。
c0196340_19115345.jpg
3日目 夕食 “カツ丼”
『大瀧神社』の後、帰りに敦賀で下車。
福井といえば、 “ヨーロッパ軒” の“ソースカツ丼”
福井市にある“ヨーロッパ軒総本店”が元祖で、そこで修業した人が暖簾わけしてもらって敦賀で70年。
c0196340_19123653.jpg
期待はしてませんでした。
c0196340_1919363.jpg
ソースがかかったご飯の上に、ソースに浸したカツ。そのままです。
c0196340_1914221.jpg
単品では飽きるからセットにしたし、敦賀だけにあるミンチカツの“パリ丼”と分けて食べたけど、やはり飽きてくる。
c0196340_19144357.jpg
ストレートなソースではないようだけど、しまってない感じ。
歴史はあっても、ビミョーかな。

次の旅は、B級グルメが盛り上がってるところに行きたいよ。

しかし、パリとかヨーロッパとかを名前に使うの好きなようですね。
ヴィド・フランスでもパン買うべきやったかな?
[PR]
by ichigansan | 2009-03-30 19:23 | たび食

びんぼー旅行 3日目その2

青春18きっぷで “越前・加賀” の旅。最終日のその2。

『今立』 に向かう。
福井から武生行き12:46発の電車に乗る。また雨。いや、やんだ?やっぱり雨?気になる。

13:06 『武生』 到着。ここの町並みもいいのですが、またいつか来るかな?

『今立』 までは、自転車かバスか。
雨は微妙だけど自転車借りに行く。目的地まで6キロとふんでたが、10キロはあるという。
あきらめて、渋々片道500円のバスに乗る。

13:20発。乗客は私たち含め3人。和紙の里会館前に13:48到着。
手漉き体験とか、和紙の販売、紙の博物館なんかがあるが、今回はパス。
c0196340_21133668.jpg
駅に戻るバスは16:38までなく時間あるので、『大瀧神社』 までリュックを背負い、20分ほど歩く。
c0196340_21124947.jpg
驚きました。
迫力に圧倒。
ひっそりと建っているが、激しい。
c0196340_2116144.jpg
c0196340_21194617.jpg
c0196340_21225399.jpg
c0196340_2123237.jpg
熱心に撮ってるのを見て、地元の人が「そんなにすごいの?」といって不思議そうに見てる。
c0196340_21251686.jpg
c0196340_21254475.jpg
すごいじゃないですか!
c0196340_21361939.jpg
いっぱい撮りすぎて、後3枚しか撮れないというところで戻ることに。
途中の町並みもいい。時間もあるしゆっくり散策してると、雨がどしゃっと降ってきた。
自転車じゃなくて、ほんまよかったぁ。

バスが来るまで雨宿りしながら、次の電車が心配になる。
『敦賀』 行きは 『武生』 17:02の後は18:04までない。
16:38発のバスだと微妙。無理かも。

バスに乗ってから、運転手さんに17:02の電車乗りたいことを伝えたが・・・17:04着だとか。
乗客は私たち2人。バスとばしてくれてるような感じの走り方だったので、間に合うかも?
と思ったが、途中高校生が乗ってきて・・・17:06着。2分遅れてるで。

えー。この雨の中1時間どうするー。
と思ってたら、なぜか電車まだ来てなくて間に合っちゃいました。
助かったー。

この後の『敦賀』での晩御飯のことは、また今度。
[PR]
by ichigansan | 2009-03-28 22:04 | よかったとこ

びんぼー旅行 3日目

青春18きっぷで “越前・加賀” の旅。最終日。

前日、『三国』でしんどい思いをして自転車で坂を上り買ったパンを食べホテルを出る。
c0196340_19283887.jpg
雨。
この日も自転車移動する予定だけど、足疲労。このまま雨ならちょっとうれしいかな。
福井の食べ物について、ぶつぶつしゃべりながらJR福井駅へ。
c0196340_19292919.jpg
最初の目的地は、『越前大野』予定にはなかったのですが、そうそう行けるところではないので。
しかし、電車の本数少なっ。
では、九頭竜川線(越美北線) 福井9:06 出発します。

1つ目の駅を越してすぐ、のどかな田園風景の先に、前日見に行くはずだったけど、もう暗くて行くのをやめた
“槙文彦”氏設計の図書館が見える。そのすぐ近くには“黒川紀章”氏設計の美術館もあるはず。

電車は、蛇行する九頭竜川との交差を繰り返し、山間を進んで行く。
途中、無人駅で若い男女10人組が降りる。
こんなとこで、何があるんだろう?どこ行くんだろう?

10:02『越前大野』到着。
結構降りる。ボーイスカウトの子供たちもいっぱい降りる。
流行ってるのに、本数増やして欲しいな。
滞在時間は1時間27分。雨はやんでる。全荷物をリュックで背負い、歩いて散策。
c0196340_19312866.jpg
あまり寒くはないけど、山は白い。
なかなかいい町並みです。
道が広く、車少ないので歩きやすい。
c0196340_19351650.jpgc0196340_19353174.jpg
七間通りでは、七間朝市してました。
c0196340_19355535.jpg

有名なのは、七間朝市と御清水(名水百選・ふくいのおいしい水に認定)。
c0196340_19363836.jpg

古い町並みには、おいしいお水で作られたお酒や醤油・お菓子のお店が並んでます。c0196340_1937787.jpgc0196340_1937201.jpg
c0196340_19381123.jpg

寺町通りも立派です。
c0196340_19374029.jpg

山の上にそびえる越前大野城。昭和43年に再建させている。
c0196340_19383182.jpg

常に時間気にしながら、急ぎ足でまわりました。
c0196340_19384420.jpg
11:29に乗らなくては。次行く『大瀧神社』が待ってるぜ!
c0196340_1939353.jpg
途中また、無人駅で若い男女10人組乗ってきた。何してたんだろう。

12:22福井に再び戻ってきました。
武生行きの電車が12:46発。
あまり時間ない。さて、どうする?
仕方ない・・・立ち食いそばで昼食。
今庄そばやからイケてるかと思いましたが、イケてなかった。
大阪とかの立ち食いそばは、ダシとかもっとおいしいかも。
またしても、食失敗。
予定してる敦賀での晩御飯、楽しみやな~!・・・?
[PR]
by ichigansan | 2009-03-27 19:42 | よかったとこ

びんぼー旅行 2日目その2

『東尋坊 』 で長居をしてしまった。
『三国 』 の町への戻りは海沿いを走る。
途中、かっこいい建物を見つけたので、浜辺へ降りてみる。
c0196340_210863.jpg
そこは“三国サンセットビーチ”
1人乗りのヨットを組み立てるお兄さん。サーフィンしてるお兄さん?おじさん?
砂浜に絵を描いている女の子たち。
c0196340_2103862.jpg
まったりした時間が流れている。「今日は夕焼けきれいやろうなぁ。」
おっと、のんびりしてる場合じゃありません。ごはん、ごはん。
三国の町はずれなので急ぎます。
c0196340_2112266.jpg
新しい建物で1階は海産物を販売、2階が食事処。
まだ待ってる人がいますが、“焼さば丼”(塩焼とタレの鯖とダシ巻卵がのってる)680円のためなら「待つでー。」
しばらくして、あれ?座敷しかない?高級感漂ってる?ちょっと不安になりメニュー見せてもらいました。
「“焼さば丼”680円なんかどこにもない。」海鮮丼とかが1680~3000円・・・。
やられたー。お店新しくしてメニュー変えたなー。
c0196340_2144190.jpg
しゃーない。おろし蕎麦に変更。
『そば処 盛安』 創業100余年。人気は“越前そば”

大根おろしのしぼり汁だけをダシに合わせた、シンプルなもの。
お茶と一緒に「ん?ちっちゃいごはん?」 昆布の味見用のごはんでした。おいしい。

c0196340_2182886.jpgc0196340_2184423.jpg
前菜の後、一息つくと“越前そば”が出てきました。
大根おろしの辛味もよく、なかなかおいしい。天丼が少し寂しい感じですが。

c0196340_2192374.jpgc0196340_2193352.jpg
c0196340_2195279.jpg
“焼さば丼”のことは忘れて、町を散策。
『東尋坊』 の観光客はこっちまで来ないようで、写真撮り放題。
c0196340_2114224.jpg
『三国』は、福井藩と丸岡藩の外港として発展し、明治の中頃まで、北前船などが出入し港周辺は活気に満ちていた。かつての遊郭付近や民家・商家などが残いる古い町並みは、今はひっそりと静まりかえっている。

c0196340_21153616.jpg c0196340_21152384.jpg
c0196340_2116483.jpgc0196340_21161363.jpg
c0196340_21184313.jpg
c0196340_21192528.jpg
c0196340_21195150.jpg
散策の後、パン屋さんをめざし自転車で山を登ります。
がんばって行ったわりに普通のパンだったし、晩御飯で予定してたお寿司屋さんはもうお店閉めてました。
ほんとに、今回の食は×が多い・・・。
[PR]
by ichigansan | 2009-03-26 21:28 | おいしい&よかった

びんぼー旅行 2日目

前日にくらべ、いいお天気であまり寒くないし、自転車日和です。

JR福井駅前に、えちぜん鉄道“えちてつ”始発駅があり、三国芦原線で 『三国』 へ。

終点三国港の1つ手前で降りるのですが、電車賃、高っ。700円!?「怒るでしかし。」
でも、大丈夫。1日フリーきっぷ800円がありました。びんぼー旅行なもんで、助かります。
c0196340_20454319.jpg
この線は、23駅中14駅が無人駅。のどかな風景の中を走ります。

気がつけば、若いお姉ちゃんが首にスカーフ巻いてニコニコ、パーサーとして乗ってました。
「東尋坊へは、あわら湯のまち駅からバスが出ております。」とパーサーが説明してる。
そういえば、この電車は芦原温泉や東尋坊へ向かってる。
ほとんどの人が降りて行く。
そうだ!うちらも 『東尋坊』 へ行こう。

福井駅から50分、あわら湯のまち駅を越して三国駅に到着。

じつは、レンタサイクルがあるのです。しかも無料で。
“えちてつ” には無料レンタサイクル設置駅が10駅あって、三国駅には10台あります。
私たちの後、2台ですよ~。

『三国』 の町散策は後にして、 『東尋坊』 まで自転車こぎます。

またいつものように、道中は人は見かけず車も少ない。
それが、 『東尋坊』 に近づいてくると、人も車もいっぱい。
c0196340_20582346.jpg
流行ってますね~。
自転車止めて、イカやホタテがおいしそうに焼けているのを横目に土産物屋や食事処が両脇に並ぶ道を歩く。
c0196340_2052876.jpg
視界が開けてきて「おぉ~」と思ったが、なんかイメージが違う。
c0196340_20525898.jpg
なんか、低い。
c0196340_20534582.jpg
すごく恐ろしいところだと思ってました。
c0196340_20542932.jpg
ギリギリのところに立って撮ったりしましたが、怖く写ってない。
c0196340_20551768.jpg
撮ってるときは、いちおう怖いですけど。 
c0196340_21152019.jpg
『東尋坊』 って、こんなんでしたっけ?これ東尋坊タワー。
[PR]
by ichigansan | 2009-03-25 21:17 | よかったとこ

びんぼー旅行 1日目後半

c0196340_208614.jpg
3時半頃 『橋立』 を出て、自転車を返す前に 『大聖寺』 の町を散策。
c0196340_2083873.jpg
大聖寺城は残っていないが、関ヶ原合戦後前田家が領有し、その支藩により230年にわたり城下町として政治経済の中心地だった。
c0196340_209448.jpg
前田利直の休憩所で小堀遠州の流れを汲む茶室 “長流亭”、九谷焼専門の庭園ミュージアム “石川県九谷焼美術館”、その他お寺が数多くあり、古い町並みがわずか残る。
c0196340_20105632.jpg
c0196340_201195.jpg
町の中を流れる、旧大聖寺川や熊坂川は趣きがある。桜の季節には見ごたえがありそう。
“石川県九谷焼美術館” の “古九谷の杜親水公園” に熊坂川が流れ込み、工夫を凝らし子供の遊び場としても楽しそうなところ。(美術館、公園ともに設計は “象設計集団” )
c0196340_20114942.jpg
観光案内所のおばちゃんがこれをくれた “加賀” とはこれでお別れ。
c0196340_201367.jpg
宿泊先の福井への電車は、1時間に1~2本。
もう少しゆっくり散策したかった感じでしたが、自転車を駅に返し、17:34発の敦賀行きに乗る。

福井に18:04着。

いつも “ご当地B級グルメ” を楽しみにしてるのですが、今回の旅は食事に関してあ~んまり期待できなくて。
福井・・・コレというのがなくて、TVで見かける弁護士が「おいしかった!」という居酒屋的な “おでん” のお店で夕食いただきましたが・・・ブーッでした。高いし。

気温低いし、風きつかったし、自転車で坂道辛かったし、そこへ「おいしくない」ときて、疲れがとれな~い。
この間行った、玉造の関東煮 『きくや』 が恋しくなりました。
明日は「おいしい!」かなぁ?
[PR]
by ichigansan | 2009-03-24 20:27 | よかったとこ

びんぼー旅行 1日目

青春18きっぷで “越前・加賀” の旅。

JR大阪駅7:45分発 新快速 湖西レジャー号。
乗換なしで敦賀まで行くので、乗車率高い。
京都以降立ってる人も減ったなと思ってると、近江今津で前4両切離しになり、前の乗客が乗り込みまたドッと増える。
青春18きっぷを使うときは、いつものことなんですが。

敦賀9:50着。
9:53発の北陸本線 金沢行きに乗換。ここでも乗車率高い。
温泉や金沢の観光雑誌を見てる人がほとんど。
そんな中、加賀の大聖寺に11:19着で私たち2人だけが降りる。さみしー。

早速、観光案内所へ。(一応ある)
目指すのはそこからまだ先の海側にある、重要伝統的建造物群保存地区 『橋立』
c0196340_21315263.jpg
バスは既に出ていて次は1時間後というのはわかってましたが、
他に方法はないもんかと 『橋立』 に行きたいことをいうと、すっごくグラマーなおばちゃんが地図を広げ親切に説明。
そして、自転車あるよ。「えー!」振り返ると2台だけある。
そして、無料。「えー!」
こりゃあバスなんか待つわけない。ラッキーです!

ママチャリで先にお昼ごはんのお店を目指す。道中、人と合わないし車もあまり通ってない。
坂が多くてふらふらで辿り着いたけど、「これはあかんで」ガセネタだったので、『橋立』 に向かう。

c0196340_21332632.jpgc0196340_21333649.jpg
着くと早速 『ばん家』 というおうどんのお店へ。
こちらは確かな情報で、おすすめは “凪うどん”。
甘エビの天ぷらがのってるやつ。
うどんにコシがあり、ダシもおいしい。これは正解でした。
c0196340_21335326.jpg
『橋立』は、船主や北前船にかかわる人々の集落でした。
赤い瓦屋根と青い石垣が特徴。
屋根の棟には笏谷石(青い石)をのせ、外壁は潮風を防ぐため再利用した船板で覆われている。
北前船主の屋敷は、移築されていったものも多く、
残っている中で “北前船の里資料館” 酒谷家(本家)と “蔵六園” 酒谷家(分家)が見学できる。
c0196340_22225498.jpg
c0196340_2136214.jpg
c0196340_22233214.jpg
c0196340_2140886.jpgc0196340_21395551.jpg
c0196340_21402672.jpgc0196340_21404282.jpg
この後、『橋立港』 へ。
c0196340_21413390.jpg
もう少し先の 『尼御前岬』 へ。
c0196340_21421187.jpg
源義経主従の尼にまつわる伝説が残っている岬。
翌日行く 『東尋坊』 のゴツゴツした岩肌に比べて、なめらかな曲線の岩肌。
どちらで身を投げるか選ぶとしたら、やはり 『尼御前岬』 にしたいと思うだろうな。
[PR]
by ichigansan | 2009-03-23 21:51 | おいしい&よかった

カンケーないけど。

『山の辺の道』  を歩いていて出会いました。

c0196340_20203186.jpg

カメラを構えるとポーズをとってくれた、かわいい子。
c0196340_2020582.jpg
私と目が合ってうつむいてしまうのに“猛犬に注意” のレッテルを貼られている、おとなしい子。


c0196340_20212219.jpg

日々のストレスがたまって疲れている、毛布ぐちゃぐちゃで爆睡してるお父さん。
c0196340_20221875.jpg
“夕陽のガンマン” みたいな、かっこいいお兄さん。


c0196340_20223655.jpg

不審者が入ってこないよう警戒して、ちょっと心配そうにしてる子。

[PR]
by ichigansan | 2009-03-20 15:18 | かわいい

まったく違う。

『山の辺の道』
日本最古の道を歩く。
今ではハイキングコースとして親しまれている。

天理駅で降り 『石上神宮』 へ向かう。
町は小奇麗で整っている。天理教の本部があるからでしょうか。
感心しながらぶらぶら歩く。

“日本書紀” に記されている神宮は、“伊勢神宮” と 『石上神宮』 だけ。
日本最古の設立の神宮。へ~え。それはおそれいりました。
それが、今月12日午前4時半頃放火するなんて。許せん!!
国宝 “摂社出雲建雄(せっしゃいずもたけお)神社拝殿” の格子戸など、延べ約1㎡が焦げてしまった。

そんな最古の神宮 『石上神宮』 から、最古の道 『山の辺の道』 のハイキング、スタート。
c0196340_17404510.jpg
おっと。いきなり足が止まる。びっくりするよね。こんなんウロウロしてたら。
追っかけてパシャパシャ写真撮る。
その羽、美しい。
c0196340_1741835.jpg
以前の話。
友達が駅まで向かえに来てくれて、そこから歩いて彼女のお家へ。
途中、巨大な駐車場を近道するといって入って行く。車いっぱいの中を、とととっと歩いてるやつがいる。
「にわとりや!なんでー。」「なんか住んでるみたい。いつもおるでぇ。」「えー!?」
よくそんな危険なところに。
『石上神宮』 とはまったく環境がちがう。
白いはずの羽、薄汚れてグレー。なんか、かわいく思えて「車に気をつけろよ~、がんばれよ~。」

あれから、どうなったかな。
c0196340_17443840.jpg

[PR]
by ichigansan | 2009-03-19 17:45 | よかったとこ


おいしいもの、よかったとこ、撮ってます


by ichigansan

プロフィールを見る

▼クリックお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

ASPアクセス解析

橿原

最新の記事

かつめしと明石大橋
at 2013-06-12 23:17
奈良の巾着きつね
at 2013-06-09 15:29
イスタンブールで トルコライス
at 2013-06-02 11:41
中之島のバラ園
at 2013-05-16 14:47
中之島の芝生で、まん福
at 2013-05-12 22:48

タグ

(141)
(112)
(47)
(45)
(31)
(29)
(24)
(21)
(21)
(20)
(18)
(15)
(14)
(13)
(12)
(12)
(11)
(11)
(9)
(9)

カテゴリ

全体
おいしい&よかった
おいしいもの
よかったとこ
お気に入り
おもしろい
かわいい
歳時記
出来事
たび食
京都
建築
作品
映画
音楽

カオ・かお・顔!
未分類

以前の記事

2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月

検索

記事ランキング

ブログジャンル

食べ歩き
旅行・お出かけ

その他のジャンル